薬局で待ち時間があるのは?

薬局で薬の受け取りになぜ待ち時間があるのでしょうか?

それにはまず、どういう作業をされているのか内容を知らないとわかりませんね。

薬剤師さんのお仕事内容をみていきましょう!

薬はあなたの身体に作用するものです。飲み薬であれば、身体に取り込まれるものです。

間違った薬を渡してしまうと、身体に影響を及ぼしてしまうものです。薬の内容は、年齢や状況、病状によっても異ってきます。だから、薬剤師さんは、ミスが起きないように調剤を行っています。

処方箋の確認

薬剤師は処方箋を受け取ると、2つ確認します。医師の書き間違いや記入漏れなどの確認と薬の内容確認になります。

薬の履歴の確認

来店履歴のある薬局では、前回までの薬の情報が履歴残っています。薬剤師はその人の履歴を確認し、副作用の心配がないかを確認します。

疑義照会

処方箋の内容や薬の履歴確認を通して、薬剤師が処方箋の内容に間違いがあるのではないかと判断したら、医師に伝える義務があります。

調剤

処方箋の内容で問題ないと判断したら、調剤を行います。薬の種類や形状によって調剤方法が異なります。基本的には、処方箋の用法・用量に従って、調剤を行いますが、時に患者の状況を判断しながら服用しやすいように薬を1つにまとめたりもします。

調剤監査

調剤が処方箋通りに行われているかを確認します。確認作業を行わないと、調剤ミスをしたまま患者に薬を提供する危険性があるからです。監査に時間がかかることは仕方ありません。

《調剤監査の確認事項》
  • 処方箋や薬の履歴の再確認
  • 調剤した薬の種類や数量の確認
  • 調剤方法の確認
  • 薬袋の記載事項の確認
  • 薬剤情報提供書の内容の確認

薬の説明、服用の指導

処方薬を渡す際に、薬と服用に関して説明責任があります。薬剤師は説明を聞いた患者の表情などを確認しながら、不安感を解消するよう適切な説明しています。説明が終了後、薬を患者に渡します。

薬をもらう立場だと待っているだけですが、カウンターの向こう側ではさまざまな作業が入っています。時間が掛かるのもわかる気がしますね。